外壁塗装の裏側
費用・時期・種類・相場のすべて 

外壁塗装の費用、相場、時期についてわかりやすくまとめてます

外壁塗装の費用、相場、時期、施工方法について書いていきたいと思います。外壁塗装を検討されている方に少しでも参考になればと思ってます。ご家族、ご友人の方と一緒に読んでやってください。

業者選び

【体験談】外壁塗装 一括見積もりサイト 比較ランキング5


55b55b8a7044d9c23d9929c710eb5a3b_s


一括見積サイトに登録し、サイト運営担当者と実際に打ち合わせる中で、その体験から外壁塗装一括見積サイトをランキング形式で紹介します。




ネットで外壁塗装業者を探すと必ず検索上位に出てくる一括見積もりサイト

この一括見積もりサイトですが

優良施工店を本当に紹介してくれるのでしょうか?

必ずしもそうとは限りません。



私も外壁塗装一括見積サイトに多数紹介業者として登録しました。

聞かれるのは、



社名、電話番号、FAX番号、メールアドレス、HPのURL


だけです。


それだけで優良業者として登録できるのです。


要するに、HPや看板等それらしい業者であればなんでもよいんです。



契約は塗装業者と施主様で執り行ってください。

クレーム等もないようにお願いします。クレームなどあっても対応できません。

というのが一般的で基本的な一括見積サイトの運営会社と塗装業者の関係です。



塗装会社に対して

  1. どんな施工をしているか?
  2. こんな施工をしてください。

という部分もない場合がほとんどです。


ただクレームの多発する塗装業者はさすがに外される傾向にあります。



そんな中私の経験上、本当におすすめできるサイトもあります。


 

  1. サイトに紹介業者として登録するのに施工実績、取得免許など提出書類が必須の一括見積サイト
  2. 見積依頼を頂くことだけに固執せず、施主様のニーズを的確にヒアリングし、その内容を塗装業者に反映するように促してくれるサイト
  3. 外壁塗装を勉強しているサイト

このような部分を中心に費用を抑えながら、業者の質がよい一括見積サイトを順番にご紹介します。







第1位 ホームプロ

  • すでに50万人以上が利用。住宅リフォームポータルサイトランキング7年連続利用者数 No.1!(2015年10月リフォーム産業新聞社)
  • NHKなどのテレビや新聞、雑誌などで300回以上も紹介。
  • 紹介業者に登録するのに審査があります。他のサイトといいかげんな業者はなく比べると紹介して貰った業者は一定の水準をクリアされた業者です。本当の意味で優良サイト優良業者の集うサイトです。 リフォーム全般に対応してます。



第2位 価格.com リフォーム

  • 価格.comなので



  
第3位 いえぬり

  • 塗装業者の紹介がメインですが個人的にまあまあな印象です。



第4位 ヌリカエ

  • 新しいサイトですがしっかりヒアリングして業者に的確に指示してる印象です。



第5位 外壁塗装の窓口
     外壁塗装の駆け込み寺       
  • ここは予算だけに重点を置いて見積たい方にはおすすめです。


第6位 優良工事店ネットワーク
     外壁塗装館
     外壁塗装セレクトナビ
           
     




上記サイトでも2社見積をお勧めしてます。

しかし、それでは不十分です。

各サイトから1社2社づつでよいので3サイトから業者紹介いただくだけで、簡単にかなり質の高い相見積ができます。

今や相見積は当たり前です。その相見積に業者も対応してきてます。相見積用の商談方法が確立しつつあります。

ネットからだけではなく電話帳、チラシとほかの媒体から業者を知ることも必要な部分です。











   


 



リフォーム ホームプロ


人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

       

外壁塗装 一括見積もり 比較 9割成功させる7つのポイント 



17e75056e1367963af48e79c84b9b0c9_s




一括見積もりサイトの特性上、最高の業者を探したい場合は不向きです。

私が新しい腕利きの塗装職人を探そうとした場合、塗装屋つながりの伝手を使ったとしてもそう簡単にはつかまりません。

私は塗装についてはそれなりの経験と人脈もあります。

それでも難しいのが実情です。

また、私達の場合は一回塗らせてみたり、塗っている現場に行けばその職人の腕はある程度わかります。

一般の方では判断しかねる部分です。



この記事は

当たり前のことを当たり前にする。

妥当な価格で工事をして貰う。


著しい手抜きをしない。ぼったくられない。

という点に重点を置きます。


もし、破格の予算かつ最高の技術をもった職人(業者)を求めるなら向きません。


☆目次


1 マージンがかかるのは当たり前
 
2 紹介手数料は営業経費なので気にしなくてよい
 
3 自動車保険一括見積との相違点
 
4 外壁塗装一括見積サイトの罠
 
5 3社見積はもう古い 3つの入り口からの見積を
 
6 外壁塗装 一括見積サイト 評価
 
7 信頼こそが成功の源です




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7102807493094970"
data-ad-slot="2793341046"
data-ad-format="auto">








1:マージンをかかるのは当たり前



ネット上で、○○一括見積 なんて広告をよく目にします。

  • 自動車保険の一括見積
  • 引っ越しの一括見積

等々



サイト運営会社が縁もゆかりもない会社を紹介するので紹介手数料や登録手数料という名目で手数料を支払います。

外壁塗装の場合も同じで、紹介された業者は手数料を支払ってます。

サイト運営会社によって様々ですが、契約金の○○%や1件紹介○○円というパターンが多いです 

この当たり前を認めようとせず、安さを求めたり、集客フレーズだけを鵜呑みにして、後悔、失敗をされる方が殆どです。

また、最高の条件を求めて劣悪な外壁塗装を選ばれる方も多いです。

ポイントは外壁塗装業者は毎日の様に施主様と対峙してます。

逆に施主様は一生の内数回しかしか外壁塗装を必要としません。

つまり、100点を狙えば必ず相当なリスクを背負う事になります。

80点を高確率で取れるやり方がより実践的な方法だと思います。


目次にもどる

2:紹介手数料は営業経費なのでそこまで気にしなくてよい



この紹介手数料に嫌悪感を抱く方は多いでしょう。

出来れば、

紹介手数料を払いたくない。
紹介手数料分値引きしてほしい。

と思われるのはわかります。


しかし、塗装業者が外壁塗装を受注するまでに経費は掛かります。

一番わかりやすいのが

飛び込み営業マンの人件費です。
これもまた一番毛嫌いされる部分です。

しかし他にも

HP作成費
そのHPを宣伝するためのネット広告費
チラシ配布
地域紙掲載費
電話帳掲載費
大工さんへの紹介手数料
看板広告費
セミナー開催費
等々

様々な経費の中の一部です。

私はご近所さんのご紹介で直接電話で依頼したから経費が掛からない分安くなるなんてこともありません。


どの入り口から依頼されても予算には均等に経費・利益が割り振られています。


目次にもどる


3:自動車保険一括見積との相違点



この一括見積サイトですが、自動車保険の一括見積サイト等でその利便性を身をもって体験された方も多いでしょう。

自動車保険等の商品は保険内容をしっかり見比べたり、自分にあった設定金額を選ぶことで、その優劣を判断することができます。

同じ金額設定の自動車保険にどの保険会社に加入しても万が一の時の保障は同じです。

ならば、保険料は安いにこしたことはありません。



外壁塗装の場合は違います。


  • 全く同じ施工方法・塗料で見積が出てくることは稀
  • 全く同じ施工方法・塗料で施工してもらっても業者による優劣がある。

つまり、見積書を比べるだけでは意味がないということです。

細かな施工方法や仕事に取り組む姿勢等を比較する必要があります。

人のすることなのでうまい下手もあります。

見積書に書かれている金額や項目だけの判断は危険です。


目次にもどる


4:外壁塗装 一括見積サイトの罠



外壁塗装 一括見積サイトには紹介手数料が発生するという部分は業者にとって利点な部分でもあります。

確実に成果があってからの支払いなので、費用対効果はよいと考える業者も少なくありません。

受注できるかできないかわからないチラシやネット広告費を使ったり、さぼりまくる営業マンに支払う人件費より、確実な受注に対して支払う経費という点では優秀です。

しかし、この一見優秀な一括見積サイトですが、サイト運営会社によって業者のバラツキがあります。

よい運営会社は施主様のニーズをしっかり聞き取り施主様の求める業者を紹介してくれます。

とにかく紹介手数料が欲しいだけの運営会社は適当なヒアリングでとりあえず紹介しようとします。

結果として施主様も業者も不本意な契約を交わしてしまうという例が後を絶たないのが現実です。


目次にもどる


5:3社見積はもう古い 3つの入り口からの見積を



外壁塗装に限らずリフォーム等でも最近、口をそろえて言われるのが、相見積をしましょう。3社からは見積を取りましょう。

そして3社相見積というのがスタンダードになりつつあります。

3社相見積に持ってこいなのが、外壁塗装の一括見積サイトです。

がここに登録している業者は相見積のスペシャリストです。

見積書の完成度や知識、診断方法等、どの業者も素晴らしいでしょう。

一部粗悪な一括見積サイトではいわゆる訪問営業会社まで登録されている場合すらあります。


私がおすすめしているのは、3つの入り口からの相見積です。


チラシ 電話帳 看板 業者HP 一括見積サイト ご近所の評判 飛び込み営業



いろいろと塗装業者を知る機会はあると思います。

どれがあなたの家にあった業者かわかりません。

いずれの場合も

『相見積でよければ見積お願いできますか?』

と最初にことわりを入れておけば、契約を急がされるような場合でも断りやすくなります。


目次にもどる

6:外壁塗装 一括見積サイト 評価

一括見積りサイトでは相見積もりが前提なので、ぼったくられる心配がありません。

施工内容も一部の業者を除き水準以上が期待できます。



  1 ホームプロ
   
言わずと知れた住宅リフォームポータルサイト利用者数No1の優良サイトです。

NHK等のテレビ・雑誌・新聞等で紹介されている施主様にとって安心なサイトです。

登録には審査もあり、紹介される業者には一定の安心感があります。


  2 価格.com リフォーム

こちらも言わずと知れた
価格.comです

価格.comが好きな方はどうぞ


  3 ヌリカエ

今年この部門に新規参入されてます。

これまでのノウハウで施主様に対してしっかりとしたヒアリング後業者を選定紹介されている印象です


 4 外壁塗装の110番

まあまあ

 5 外壁塗装の窓口
    外壁塗装の駆け込み寺      
       優良工事店ネットワーク
       外壁塗装館
       外壁塗装セレクトナビ

他サイトとの比較するのによいです。


目次にもどる

7:信頼こそが成功の源です



外壁塗装を成功させる一番重要なポイントは信頼関係です。

疑念を抱くとキリがありません。


合う合わないがあります。

  • 修繕が得意な業者
  • 改修が得意な業者

そもそもの考え方の違いがあります。
  • 壊れたものや傷んだものに手を加えて使おうとするのか新しいものに交換するのか
  • もったいないと考えるのか、合理的な判断を優先するのか




好き嫌いも当然あります。

  • 好きな人に言われたら多少の無理でもききたくなります。
  • 好きな人の失敗は寛容な態度で許せます。

その逆も・・・


施工した職人にこころからありがとうと言える外壁塗装を選んでください。


目次にもどる

最後まで読んで下さりありがとうございました。

ついでにトラックバック出来る方おられましたらよろしくお願いします








↓初めての方押してください

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ








外壁塗装 後悔しない 費用を抑える3つの方法 大満足編



62417891ea150909fa4e727d945b1aaa_s

くりが大好きなボリスです。





外壁塗装では、手抜きをされた、ぼったくられた、最初の説明と違う

という後悔・失敗談をよく耳にします。


おそらく大切な家なので、極端に安い必要もないが、ぼったくられない程度の適正価格で満足のいく工事を

というのが大半の意見ではないでしょうか?



私は再三このブログでも書いてますし、当たり前のことですが、安くてよい工事なんていうものはありません。

よい工事にはよい材料を適正な量使います。

よい工事にはよい職人が施工してます。

そしてよい施工管理までできて


満足のいく塗装工事となります。


今回はこの満足のいく塗装工事を比較的費用を抑えて実施してもらおうということです。


ただ単純に安さだけを求められる方は納得できない記事になるかと思います。


相見積をとる

ここで注意してほしいのが、相見積をただ単純にとればよいわけではありません。


最近は外壁塗装工事を依頼するときに相見積は当たり前です。


よく、『3社は相見積をとりましょう』 と外壁塗装業者も勧めていたりします。


重要なポイントは


3社ではなく3つの入り口から相見積をしてみてください。


その結果5社・6社と多少労力は必要ですが、満足のいく外壁塗装工事には不可欠です。



3つの入り口とは、

  1. ネット(業者HP)
  2. ネット(一括見積サイト)
  3. チラシや地域紙
  4. 電話帳
  5. 知人・友人等からの口コミ
  6. 飛び込み営業

などの入り口から最低3つの入り口から相見積をしてください。


多くの方は


  1. だけで3社探そうとしたり、
  2. に依頼したら3社紹介して貰えたからその中から選ぼう

なんて場合が多いのです。


結果、 どんぐりの背比べ なんて場合が多いです。


     6.は一般的に評判がよくありません。

私も同じ意見ですが、極まれに誠実で仕事熱心な塗装職人の親方が自ら営業されている場合もあります。

ただ、基本的に敬遠すべき業者です。



いずれにしても3つ以上の入り口から業者を選んでみてください。それぞれ違った意見、違った形での説明をしてくれると思うので、


いずれの場合も、


『相見積ですので依頼できるかわかりません。』


と最初に伝えておけば、検討が長引いたり、断るときに断りやすいです。







余談ですが、


私のお客様で、見積を13社取られたという強者のお客様がおられました。


いろいろな業者から説明を聞かれて、ご自分でも勉強熱心な方でした。


工事が終わるまで気が抜けない、気が引き締まったのを覚えてます。


ちょっと変わった方だなと要注意でした。私自身週に3回くらは現場に通いました。


13社はいくら何でもと思いますが、結果いつも以上の工事はしたと思います。








塗料はシリコン系1本に絞る


最近様々な塗料が出回ってます。


私たち塗装業者ですら、すべてを把握できません。


存在は知っていても実際にすべてを使用することは不可能です。



塗料は大きく分けて


アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・無機系・光触媒・セラミック系


と様々です。



なかでも今主流なのはシリコン系です。


塗装業者からみて一番割安感・安定感があるのがシリコンです。


テレビを買うとき


20型付近 40型付近 60型付近


今は40型付近がスタンダードで割安感があり、各メーカー技術と投入していろんなモデルが発売させています。


塗料ではシリコン系です。


シリコン系といっても各メーカーが


  • ラジカル制御型
  • 水性
  • 弱溶剤

と様々な塗料を発売してます。


今回はこのシリコン系のラジカル制御型というものをお勧めします。


【ラジカル制御】 パーフェクトトップ ダイナミックトップ プレミアムシリコン





職人を大事にする


同じ材料で相見積をして担当者と入念な打ち合わせをしていよいよ施工業者も決まりました。


足場組んで塗装職人がやってきます。



安心してはまだいけません。


ここからが本番です。



塗装職人が実際によい仕事をしてやっと満足のいく塗装工事となります。


担当者といくらよい打ち合わせが出来ていても、職人に伝わってなければ意味がありません。





1億円以下の工事は職人を一番大事にしろ



塗料の仕入れや営業担当者や窓口になる人、依頼した会社の社長ですら職人が与える影響力からすれば、全くの無力です。


私自身職人経験はありません。


が、塗装工事をみているとそう実感します。




出来るなら『ご苦労様』とコミュニケーションを図ってください。




もし、工事中留守がちでしたら、偶にでよいので、みかんやジュースを玄関先にメモ紙と一緒に置いておくのも良いかも知れません。


この職人のモチベーション次第で工事方法が変わるなんてことも少なくありません。


持てる力すべて出し切ってもらい満足いく塗装工事を体験ください。


お茶は出す? お茶菓子も出す?







外壁塗装はお金をかけようと思えばいくらでもかけれます。こだわり出したらきりがありません。



以上3点に注意しながら、見積をとりながら外壁塗装の注意点等を理解し、バランスのよい、自分にあった業者を選んでください。



塗装業者として登録した経験やサイト運営者と実際に話をして実感した感触を基にまとめてます。


【体験談】外壁塗装 一括見積サイト 比較ランキング







↓一回だけポチっとお願いします<m(__)m> 

 
にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村








外壁塗装 横浜 VS 外壁塗装 名古屋



皆さんが外壁塗装を検討されるとき、様々な情報をネット上から集めようとすることも多いと思います。

塗装工事の時期や塗装工事の費用、塗料の種類

どの業者に依頼するかも検索することが多いでしょう。

そんな時

外壁塗装 お住いの地域

で検索する方も多いのではないでしょうか?

外壁塗装 東京  外壁塗装 大阪 や

外壁塗装 神奈川  外壁塗装 愛知

本格的に探す場合は

外壁塗装 名古屋 外壁塗装 横浜 

等より地域を絞って検索されることでしょう。

下に実際に私が

外壁塗装 横浜 と

外壁塗装 名古屋

で検索した時のスクリーンショットを例として載せてみました。



外壁塗装 横浜




外壁塗装 名古屋








二つを見比べてみてください。

いずれも検索ワードで検索した時のTOPページの画像です。

名古屋の一番上のサイトと横浜の2つ目のサイトは同じサイトです。

また名古屋で3つ目のサイトと横浜の4つ目のサイトも同じです。

またいずれのサイトも左下に小さく広告と書いてあります。

これはグーグルに広告量を支払って検索上位にあげてもらっているということです。

PPC広告やリスティング広告等と呼ばれます。これは誰でも簡単に参加することができます。

おそらく短時間で地域を絞れば、数万円でこのブログを検索上位に表示させることだって可能だと思います。

ちなみに両サイトとも外壁塗装の一括見積サイトですが比較記事も書いてるので参考にどうぞ

【徹底比較】外壁塗装  一括見積サイト ランキング




また横浜の画像の5つ目からは広告の文字が消えています。

これには広告費はかかってません。

つまり広告費によって上位に表示されているわけではないので、信頼度は上がります。

しかし

塗装業者からすれば

外壁塗装 地域名

で検索する見込み客を自サイトに誘導するためにSEO対策をして見込み客を取り込む業者も非常に多いのが実態です。

多くの場合SEO対策費をかけて集客している場合が多いということです。


つまり、ネットの情報をうのみにするのは危険ですと私はこのブログのいたるところで書いてきました。

外壁塗装業者は集客しなくては広告費やSEO対策費が回収できません。

広告費をかけてサイトに呼び込み、そこに書いてある内容を読んでもらい、問い合わせしてもらう。

このような仕組みがあるから、業者のHPの情報をそのままうのみにしてしまうのは危険です。

その情報が正しいか、誇張してるのか、間違っているのかを判断する知識は常に必要だと思います。




当ブログはラインで更新通知を受け取れます。 是非登録してみてください。




人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村

リフォーム ホームプロ

【how-to】外壁塗装工事 の正しい選び方 



390abb65eaf11aa3e0637854312d3295_s





外壁塗装を検討するときの注意点や選び方をまとめてみたいと思います。

1:リフォームの計画をたてましょう。



今リフォームをするとして次回は何年後に手を加えるか?

またその次はいつ手を加えるか?

予算はどのくらい用意できそうなのか?

建て替える予定はあるのか?

売却する予定はあるのか?

と、具体的に予定を組める方は少ないかもしれません。

最低でも今回無理なく用意できる予算はしっかり決めて検討し始めた方がよいでしょう。

先々まで見据えると塗装はかえって費用がかさむなんてこともあります。

屋根などは葺き替えた方がよい場合もあります。

また、雨漏りさせしのげればそれでよいなんて場合はそもそも塗装する必要、手を加える必要がないかも知れません。

下手な業者に塗装してもらうことで、瓦が割れ、ルーフィングシートが破れ雨漏れの原因を作るなんてことさえあります。




2:どこまでのメンテナンスをするのか考える。




10年20年と経過すると、モルタル壁はひび割れ、木部は穴があき、サイディングボードはそったり、鉄部はさびて穴があくなんてこともあります。

傷んだ箇所を軽くコーキングやパテなどで穴埋めすれば、パッと見綺麗に仕上がります。

数年はやり過ごせるかもしれません。

しかし多くの場合5年も持ちませんし10年はほぼ無理でしょう。

破風板などは大工に交換してもらう。ガルバリウム鋼板で包んでもらう。

錆びついたトタン屋根は新しく貼りなおしてもらう。

サイディングのシーリングは綺麗にとって打ち直してもらう。


私の経験上、

この程度なら軽く補修してしっかり塗装すれば大丈夫です。

費用はその分かかりますが、しっかりやりかえておきましょう。

前者の方が、私たち業者も楽ですし、施主様の印象もよい、つまり契約に至る確率が上がります。

費用が高い=悪い業者

費用が安い=良い業者

という感覚があります。

ここで抑えておきたいのは、同じメーカーの同じ品番の電化製品の場合、安い方がお得なのは当たり前です。

外壁塗装の場合は人のする作業が商品なので、安かろう悪かろうの商品の場合も多々あります。

ただ、必要を感じないのに大掛かりな工事をする必要はありません。

私がおすすめなのは

ある程度補修すれば塗れないことはありませんが、費用をかけて補修すればもっと長持ちしますよ。

なんていうアドバイスをしてくれる業者を見つけることです。





3:塗料(材料)選び

塗料についてはこのブログでもいろいろ紹介してきました。

今一番多く使われているのが

水性シリコン系だと思います。

水性セラミシリコン・プレミアムシリコン・オーデフレッシュ・パーフェクトトップ・ダイナミックトップ等々

私はこれで十分だと思います。

フッ素・ガイナ・無機ハイブリッド・光触媒

様々な高級な塗料があります。

耐久性が高かったり、機能性が高かったりしますが、塗装だけで15年も20年も長い間メンテナンスしないというのは無理がありますし、リスクも高いように思います。

地震もあれば台風もあります。施工不良で塗料の性能を引き出せないなんて場合もあります。

しかし、最終的には診断に訪れた業者さんのアドバイスを聞きながらじっくり決めていくのがよいでしょう。

ここでの注意点

シリコンと言いながらウレタンで塗装

フッ素と言いながらシリコンで塗装

同じシリコンでも見積書と違うメーカーのシリコン

見積書に商品名すら書かれていない

等聞いてる内容と違う内容にすり替えられているなんて場合もびっくりするくらい多いです。

最低限のチェックは怠らない方が無難だと思います。






4:色選び

色選びを重視される方も多いのではないでしょうか?

塗料のカタログにある小さな色見本をみて色を決めても実際塗ったあとの印象はイメージと違うなんていう残念なことになりかねません。

カラーシミュレーションなどを使えば以前よりイメージしやすいですが、やはりイメージ通りにならないケースもあります。

・晴れたとき・曇りの時で光の入り方が違い印象が変わる。

・対比する色(周りの風景・サッシの色)などで印象が変わる。

・塗料メーカーによって調色の上手い・下手がある。個人的な印象ですが新しいメーカーは下手な傾向にあります。また下手なメーカーに限って作り直しを嫌がる傾向にあります。

・ロッド番号が違うと同じ色名でも違う場合がある。壁の途中で、または面で色が違う。(これはどの塗料メーカーにも言えることでどちらかというと塗装業者のミスになります)材料が足りないから追加発注をかける時などに注意が必要です。



5:業者選び

ここが一番のポイントです。

ここさえ成功すれば、すべてうまくいくといってよいでしょう。

まず

今やお医者さんにかかる時でもセカンドオピニオンなどという言葉が一般的になってきてます。

外壁塗装は安い買い物ではありません。ちょっと網戸を張り替える程度ではありません。

大きな工事です。必ず相見積は必須といってもよいでしょう。




ご近所の方の評判や親戚の評判から良い業者を紹介していただいた場合でもやはり一応相見積は必須です。

例えば評判の良い塾にお子さんを通わせたとして必ずお子さんの学力が上がるわけではないでしょう。

相性というものがあります。お子さんが塾講師を尊敬できるか?好きになれるか?という部分ってすごく大事なことのように思えます。

一般的によい塾講師、伸びしろの大きいお子さんでも相性が悪いとうまくいかない場合もあります。

そこも含めて塾講師の能力だといえば身も蓋もないのですが・・・

近所の家を上手に塗った業者でもあなたの家をうまく塗る確証はありません。

近所の方の合格ラインとあなたの合格ラインは違う場合も多々あります。

同じ人が塗装工事しても満足と思える方とそうでない方もいらっしゃいます。





工事をする前にいろんな業者の提案を聞きご自分にあった業者を選定しなければなりません。

業者選びといっても私もこのブログを書きながら理解してきたのですが、一般の方には難しく、時には面倒で時間のかかる作業かも知れません。





実際に塗る腕のいい職人さんに直接依頼すれば、安く工事できると思います。

問題は

・腕が良いかどうかの判断ができない。

・仕事熱心な職人さんはHPや電話帳に電話番号すらのせてない場合も多い。

等の問題があります。

また一般的に個人の職人さんでも下請けでの受注金額と施主様から直接依頼された場合の受注金額は全く違います。




ご自分で塗装業者のチラシや電話帳、地域紙で宣伝している場合もあるでしょう。

飛び込み営業マンに勧誘されたのがきっかけで検討を始められる方も多いです。

またHP、ブログなどネット上で塗装業者を選ぶのも良いかもしれません。

また一括見積サイトなどは数社一気に紹介してくれるので便利です。

いずれの場合も基本的に見積は無料なので気軽に依頼してみてもよいと思います。




ただ、上記いずれの場合も当たり、はずれがあるということをしっかり認識しておいてください。




安い・こだわりをもった・技術力が高い・親切な・満足度が高い・○○という素晴らしい材料で・足場代無料・安心パック・失敗しない 等々



特に業者のHP上の誘い文句・飛び込み営業マンの営業トークには要注意です。

飛び込み営業マンにはある程度注意するのにHPの誘い文句には無警戒なんて方が多いです。 実際営業会社がHPからも集客するというのも多いです。

すべて間違いとは思いませんが、オーバーな場合が多いのも事実だと思います。




優良業者紹介しますなんていう一括見積サイトも審査等ほとんどなく登録できる場合がほとんどです。 いわゆる技術のない、施工管理もほとんどしない営業会社も多数登録されてます。

石ころもダイアモンドも一緒に入っている箱の中から適当に数社選んでるという場合がほとんどです。

運悪く石ころ3社選んでその中から相対的に選んでも結果は少し立派な石ころだという場合もあります。

そんな中私が唯一おすすめできるのが

ホームプロ です。

・すでに50万人以上が利用。住宅リフォームポータルサイトランキング7年連続利用者数 No.1(2015年10月リフォーム産業新聞社)

・NHKなどのテレビや新聞、雑誌などで300回以上も紹介。

業者選定審査が厳しいのです。

また、塗装業者だけでなく様々なリフォームに対応してくれます。

塗装業者は塗装ありきで、実際は塗装してもすぐダメになるような部分でも塗装しようとします。

費用対効果や施主様のニーズよりもとりあえずすべてを塗装で済まそうと考えます。

その点ホームプロはあらゆる視点で診断してくれる業者を選別していますので、一定の信頼のおける業者に診断してもらえるサイトだと思います。

また価格.com リフォーム も安心感があります。いわずと知れた価格.comです。

外壁塗装の業者選びで迷われたら信頼できる

リフォーム ホームプロ 



がお勧めです。








いずれにしても最終的に選ぶのはご自身なのでそれなりに知識があったほうがよい決断ができるでしょう。




安くてよい工事を求めるのは皆さん同じです。相見積をとることで費用を抑える効果があるのも確かです。

しかしそれを追求しようとすると、求めている工事が出来なくなる場合も多いです。

相見積が常識になってきている今、相見積に勝つ方法を業者も考えています。

その方法が割と単純でずさんな場合が多い。という部分を踏まえながら慎重に業者選びをしてください。

最後は人がする工事ですので信頼関係です。信頼できる業者を見つける参考になれば幸いです。

リフォーム ホームプロ









人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





築15年と築20年以上の住宅の外壁塗装の違い



7b473fe7095045864ebb736cbaf7f519_s


新築から10数年経過したので外壁塗装を考えられている施主様



築20年以上経過し2回目以降の外壁塗装に挑まれている施主様では気を付けるポイントが違います。


新築から初めての外壁塗装に挑まれる施主様はかなり慎重に業者選びをする必要があります。

この一回目のリフォームで、万が一失敗されますと、2回目以降失敗する確率が上がります。

私たち業者は塗装する前に現場調査といって見積対象の建物を見て回ります。

この時前回の塗装の仕上がりもチェックします。

例えば、



土間やいぬばしりに塗料が付着している。

サッシ周りが塗料で汚れている。

補修あとが目立つ。




なんてことになれば、この施主様はこの程度の仕上がりで満足するのだ。

と認識します。

職人もそう理解します。

また、ちょっとしたサッシの汚れなら塗装前に剥して綺麗にラインをだし塗装しなおしますが、基本的に塗りかぶせていきます。

下手な補修跡なども、そのまま塗装する場合も多いので、初回の仕上がりが悪ければ、次回も同等以下の仕上がりになります。

最近築15年の住宅で最も多いのがサイディングを外壁に貼ってるタイプです。

当然シーリングの打ち替え等も必要になります。

この部分を下手な職人が施工すると本当にひどい感じになります。

他に、ひび割れ補修の仕方やケレン作業が雑等と見積書ではなかなか判断が難しい部分、実際に工事されても素人ではその判断が難しい部分で手抜きがあると、剥げかけの塗膜の上に塗料を塗りますので、次回剥げる時今よりひどい状態になります。



初回の塗装工事ではより仕事内容を重視した業者選択が重要です。間違えても塗料の選択、金額に注視してはいけません。

仕事内容9.5割 その他0.5割の感覚で業者を選びましょう。

そういう場合はホームプロ がおすすめです。しっかりとした技術力のある業者を紹介していただけます。




2回目以降の外壁塗装では、どうしても前回の塗装工事が基準になります。

もし前回の塗装工事がうまくいったとか仕上がりに満足されている場合は、前回と同じ業者に依頼したほうが良いでしょう。

もし、前回の塗装工事が散々な結果だった場合、仕事内容より、金額を重視した業者選びが良いのかもしれません。

失敗した塗装工事から再度塗り替える場合かなり面倒な作業をしないと復旧できません。

仮に、シミやしわが出来てしまったら、それを隠したり除去するのに手間暇かお金がかかります。

すると何も考えず塗るまくったほうがマシという考え方もあります。

もし、後30年以上住み続けたいとか、いくらかかってもしっかり塗装したいという希望があれば、それは塗装という選択肢では補いきれないのかも知れません。

塗ってもどうにもならない建物ってあります。

そういう場合はモルタルから塗り替えるサイディングを張り替える、屋根をふき替えるなどの手段が有効です。

しかし、塗装業者に見積依頼をしたばっかりに、塗装という選択をする施主様が非常に多いのが現実です。

施主様は大掛かりで予算のかかる工事はしたくない。

塗装業者は塗装工事がしたい。

ビックリするくらいお互いの利害関係が一致します。

塗装したら持ちますかね?

大丈夫です!下地をしっかり補修して塗りますから長持ちしますよ。

という会話が成立します。

するとどうせあまり意味のない塗装なら安いにこしたことはありません。

すると外壁塗装の窓口 外壁塗装の駆け込み寺 リフォーム一括見積り【リショップナビ】 等がお勧めです。

もし塗装だけにこだわらず、塗装だけで十分なのか?雨漏れのリスクはないのか?等しっかりとした診断をご希望の場合はホームプロ をのぞいてみてください。

こちらならリフォーム全般について適正な提案を頂けます。





人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


500mlのお水 と 2リットルのお水 



6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s


先日テレビでやってました。

コンビニで

500mlのお水が110円程度で売られてます。

2リットルのお水は100円で売られてます。

なんで?

というお話です。

答えは

2リットルのお水はネットを含め競争にさらされている。

500mlのお水は道端の自動販売機等で必要な人は高くても買ってくれる。

中身の水の品質は同じ、しかし量が違うことで、運送費等も含めコストはかかる。

競争に勝つために価格勝負で安くなる。

昨年、職人からコンビニで2リットルの水が100円と聞いてすぐさまコンビニまで確認しに行ったことを思い出しました。






相見積をとって業者を競争させることの大事さと通じます。

でも工事内容が違う。ここが外壁塗装の悩ましい部分です。

これって同じ業者に同じ家を150万円で頼んだ時と70万円で頼んだ時の内容もおそらく違います。

本当に悩ましいんです。

かといって150万円の業者より100万円の業者のほうが仕上がり仕事内容すべてにおいて上ってことが普通にあるんです。

本当に悩ましいんです。

仮に遠くに住んでいる親戚や友人にアドバイスを求められても困るんです。

確実な答えは出せません。

暇なら時間の許す限り見積とって塗装の勉強してね。

ネット上には正しくない情報もあるから気を付けてね。

私の個人的におすすめの一括見積サイトも紹介するでしょう。

そのくらいのアドバイスしかできません。








人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



ホームプロ

知人からの紹介 と 相見積り


53253188ab4e7460dca89d3fb9c39098_s


よく

隣を塗った業者に依頼した。

知人から信頼できると紹介されたから依頼した。

前に一度依頼してよかったから再度依頼した。

というケースがあります。

依頼された私の決して表には出さない感情は、

ありがとうございます。普段より少し高くお見積りしますね。

という感じになります。

一応お話しを伺いながら、ほかの業者から見積をとる意思がないことを確認して、割高な見積を提出します。

見積を提出する前に依頼されることが決まってると思えば無理な値引き等しません。

定価や相場という概念が薄い外壁塗装では、金額交渉は大事です。

競争になれば頑張ります。

やはり最初から信頼してくれて依頼を頂ければ、うれしいです。

より良い仕事をしようと思います。

が、私と違い有能な営業マンはかなりふっかけてくるかもしれません。

交渉ごとなので、相見積なんですがよろしいですか?

なんていう一言は必須なのかも知れません。

本当に信頼して依頼するつもりであっても、相見積もり、まだ依頼するかわからないという雰囲気を出しながら交渉すれば精一杯がんばってくれるかも知れません。

とはいえ頑張らせすぎると、はなから出来るわけのない予算を提示される場合も少なくありません。

何にしてもやりすぎはいけません。

バランス

センス

も重要です。

困らせすぎると、

この○○!
と心の声を浴びせられてるのかもしれません。

その声は工事に反映されるかもしれません。

交渉事の上手い方は、こちらにも華を持たせてくれながら、気持ちよく工事をすすめ感謝の言葉で〆てくれます。



ここからは余談ですが、

業者選びに迷ったら、はじめてのリフォームならリフォーム会社選びサイト「ホームプロ」からスタート!がおすすめです。

外壁塗装業者はもちろん様々なリフォームに対応頂けます。

また他の紹介サイトに比べるとしっかりとした審査があるので、最低限信頼のおける業者しか紹介されません。







人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

A と B 


46ddd9ebab4f81efa18ac73dc48fa7f4_s



A コツコツと黙々と作業をする。

大抵の場合

よくやってくれたと褒められる

トラブル発生率は低い

キツイ

儲からない


B 大丈夫です。完璧です。任せてください。といいながらちょっと手を抜く。

大抵の場合

よくやってくれたと褒められる

トラブルこともあるが説得できるケースの方が多い。


儲かる


このAとBの二択ならAの職人に工事依頼したいと思われると思います。

また職人も出来ることならAでありたいと思うのかもしれません。

トラブル発生率から見れば、人は見てくれてるんだなって思います。

あれだけ一生懸命やってくれてるんだから大目にみよう。

とか

あの職人を信頼してるのだから間違いはないだろう。

という心理が働くのだと思います。

でも、

儲からない。


つまりBのように考える人の方に当たる確率が多いのかもしれません。


職人さんって本当は良い人が多いです。

塗装会社に依頼しても、大手ハウスメーカーに依頼しても、実際に工事をしてくれてる職人さんを大事にしてあげてください。

きっとBの方でも、親近感をもって接すればAの仕事をしてくれます。

一見怖そうに見えても、話すとかわいい方の方が多いんですよ。

外壁塗装は人が作業するので商品のように買ったら、契約したら終わりというものではありません。


マウスコンピューター/G-Tune



人気ブログランキングへ


人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村

本当に失敗しない外壁塗装の選び方


148e5650715073288a1e21cfb986c4ba_s

外壁塗装についての情報はたくさん集める事が出来るようになってきてます。

この数ある情報に振り回されてませんか?

例えば私のブログですが、外壁塗装のプロという立ち位置で書いてますが、実際は知識量や経験などまだまだ不足していると自負しています。

偏りもあるでしょう。

20年経過した今でも、施主様にお叱りを受けることもあります。

こういう部分を見られているのだと新たな発見もあります。

 

実際に工事するのは、私ではありませんし、私はあなたのお宅を見たわけでもありません。このブログを鵜呑みにするのも問題だと思います。

私はこのブログを集客あつめに利用しようとは思っていません。そこだけは他のネット上の情報と違うと思ってます。
残念ながら文章を書くことが苦手ですし、読みにくいわかりにくい部分は多々あると思います。

しかし率直に思うことを書かせて頂いてます。 

 

外壁塗装を成功させる上で一番大事なことは、実際に依頼する業者との信頼関係です。

信頼関係がないまま工事を依頼すると、失敗したと感じてしまうことが多いでしょう。

ネット上には大して重要なことでもないのに、これが出来ないのは失格だ。とか悪徳業者だというような情報がたくさんあります。

また、そのようにネット上でまことしやかに語られていることを知っている業者もいれば知らない業者もいます。

このような事柄に対して貴方が業者に質問します。

完成度の低い仕事しかしない業者はその事を知っていて、満点の回答を自信満々で説明するかもしれません。

その事を知らないが腕のよい業者はあなたの求める回答が出来ません。

両者の話を聞いた貴方はこの時点で誤った判断をしてしまうかもしれません。

為になる情報もたくさんあります。施主様が知識量を増やすのはよいことだと思います。

しかし、最後は、この人に頼んで仕上がりが悪くても許してあげよう。とか私が一生懸命探して決めた業者だから、万が一納得出来なくても諦めよう。という位まで納得いく業者を探してください。

そういう業者をしっかり選びさえすれば工事が始まった後や、工事が終わった後に 後悔することはないでしょう。

自己責任です。

一言で信頼できる業者を探すといいますが、非常に難しい、また面倒な作業になります。

 ただここで妥協してしまうと後悔する確率は確実に上がります。

 

業者HPによく載ってる直筆アンケートの類ですが、大抵大満足ですとか点数のあるものだと80点以上です。

1:集客目的のHPに80点以下のアンケートを載せる必要がないから

2:そもそも80点以下のアンケートを書く人はいません。憤慨している施主様にアンケートをお願いする業者はいませんし、もしお願いされても施主様も回答しないでしょう。

3:優しい施主様は言葉を、選びながら書いてくれます。


このようにうっかり騙されてしまうような罠がたくさんあります。

また、施主様一人ひとりで求めるものが違うということも重要な点だと思います。

となりの家を塗っていていい業者さんよと紹介されたとします。


隣の家の方とあなたとでは業者に求めるものが違う場合もあります。

・とにかく安くざっと塗ってくれればそれだけで満足な方

・職人が元気よく挨拶していればそれだけで安心する方

・庭に塗装工事で出たごみが数日放置されていると不信感をいだく方

・雨や気温にたいして過敏に反応し不安になる方

・とにかく早くしあげてほしい方

・時間はどれだけかかってもいいからしっかり塗ってほしい方。

 
言いだすとキリがないですが、このすべてをクリアしながら施工できる業者はいないと思います。

契約前の打ち合わせの時に、出来るだけ細かく、具体的に希望されることを伝えてください。

プロなんだから言わなくてもわかるだろ。そんなの当たり前だろ。常識的に考えればわかるだろ。

すべて勝手な思い込みです。

当たり前に思えることでもすべて確認してください。

確認事項が多いほど業者の立場からすれば、この方はちょっと注意しないといけないなと気を引き締めて工事します。

そう思わせるだけでも価値のあることだと思います。

塗ってしまえば下手くそが塗ろうが、途中手抜きがあろうがわかりにくいのが外壁塗装です。

 

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


改定


難しいと言われるリフォームが誰でも簡単にたった5つの手順だけで成功

by   外壁塗装の裏側 管理人
外壁塗装 質問コーナー
530741



外壁塗装を検討中で実際に業者に見積を依頼したけど、

その見方がわからない。

書かれてる内容の是非がわからない。

実際見積の金額や施工方法が妥当なのかわからない。

なんてことをよく耳にします。


見積書をメールに添付して送ってくだされば私なりに、業者さんへのつっこみ所や妥当性をアドバイスさせていただきたいと思います。

下記の申し込みファームより、お名前(ハンドルネーム可)、メールアドレス(送受信できるもの)、ご不安な点等記載の上ご連絡ください。

ご登録頂いたメールアドレスにこちらより返信いたしますので、そのメールに見積書を添付ください。

見積書は個人の特定できる部分や業者名などは伏せていただいて構いませんが、見積内容はすべて添付ください。

写真付き診断書や家の外観のわかる写真等あれば一緒に送っていただけると判断しやすいと思います。

                      
                       見積診断お申込み
ギャラリー
  • 外壁塗装 種類とベストな選び方
  • 【体験談】外壁塗装 一括見積もりサイト 比較ランキング
  • パーフェクトクーラーベスト ラジカル塗料 断熱塗料
  • 外壁塗装 価格・相場と仕事内容の比較
  • 外壁塗装 費用・相場 安心工事の見分け方
  • ブルートゥース iPhone に プラントロニクスM70 運転中OK?
  • 外壁塗装の時期・季節  ウソと本音
  • 外壁サイディングのシーリング オートン イクシード15+と変成シリコン
  • 外壁サイディングのシーリング オートン イクシード15+と変成シリコン
リフォーム ホームプロ