もし予算は気にしないから外壁塗装をしっかり仕上げてくださいというオファーがあったら

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m


腕のある職人が50人工くらいかかって仕上げることになるでしょう。もっとかかるかもしれません。

実際に細部まで手をいれて塗装しようとすればきりがないのが外壁塗装です。

腕のある職人さんを1日雇うには2~3万円はかかります。

が、費用がかかる=ボッタクリと評価されがちな業界です。

また実際にそのような業者がいることも事実だと思います。

職人人件費だけでそれだけかかれば、足場費用・材料費・経費

けっこうな金額になります。

予算を提示してもなかなかうまくいきません。

相見積もりの場合等は他業者が粗悪な工事をいかにも同等もしくは若干下がるくらいに説明し、予算が半分程度ならそちらになびいてしまうでしょう。

私の知る職人さんで施主様から直接依頼された時は、外壁・屋根・付帯塗装を60人工くらいかけて施工するという方がいます。

HP等ありませんし、チラシもありません。友人の紹介や、ご近所さんの紹介だそうです。

朝7時から日が暮れるまで休憩もほとんどとらず作業します。

腕もいいです。

予算もそれほど高くなく相場に近い金額でやってるようです。そんな職人さんと直接出逢えた施主様は幸運です。

会社組織でもないので経費もかからないとはいえがんばってらっしゃいます。

そんな彼も下請けでの仕事の場合15人工程度でざっと仕上げます。予算がないから仕方なく。

外壁・屋根・付帯部分を塗装業者に頼むとおそらくそこそこの職人が15人工~25人工で仕上げてしまいます。

手をいれようとするといくらでも手をいれれる。

手を抜こうとすればいくらでも手を抜けるのが塗装工事です。

しかもその差は塗ったすぐ後でははっきりとわかりません。

また、25人工で仕上げた外壁と60人工かけた外壁で耐久性が倍以上かわるのかと言えば、実際そこまでは差が出ないかもしれません。余程ひどい工事をすればそうなる可能性もありますが、要所だけおさえて施工すれば、ある程度はもつ場合も多いです。

となれば60人工かけるのは職人自身の自己満足の部分もあるのかもしれません。

ただこのような職人さんは滅多にいません。

直接頂いた仕事でも20人工で終わらせれば儲かりますから。




たまに耳にします。

相見積とったけど、ちょうど予算が真ん中だったから決めました。

一番安かったから決めました。

そんな声を聞けば聞くほど相見積の場合は予算ありきで見積る業者も増えてきます。

しっかりした知識でしっかり説明、的確な診断をしてくれたからといわれると少しうれしくなります。

予算なのか仕事内容、どこを一番に考えるかよく考えて見積を依頼するのがいいのかもしれません。

大抵の施主様がいう安くていい仕事なんてありません。

最後にもう一度大きな声で言います。

高くてへなちょこな仕事しかしない業者はビックリするくらい多いと思います。

それだけは絶対にさけてください。施主様の不利益はもちろん真面目に仕事してる人が萎えてしまいます。






 
人気ブログランキングに参加してます。
↓ポチっとお願いします<m(__)m>

       にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村