コロニアル
塗装をする時タスペーサーを入れて塗装します。

このタスペーサーは塗料でコロニアル同士の隙間が埋まり水が流れす、雨漏りをすることを防ぐ役目があります。

通常下塗りをした後、タスペーサーを入れ隙間を確保し、中塗り、上塗りと塗装していきます。

コロニアルの隙間が埋まり水はけが悪いと、水は重力に従い下に落ちようとします。

コロニアルの下にはルーフィングシートがありますのですぐ雨漏りはしませんが、それを繰り返すうちにスーフィングシートが破れルーフィングシートの下の合板にしみていきます。

コロニアルの下の合板は隙間なくぎっしり敷き詰められているので 、浸入した雨水は合板に吸収され、即座に室内に落ちてくることはないかもしれません。

最終的にこの合板も腐食させてのりがきれポタポタと室内に雨水が落ちてきます。

このような状態のコロニアルにのぼるとボワボワします。屋根がしなり落ちないか心配なくらいです。

ちょうどフローリングの床が沈むのと同じ感じです。

つまりこのタスペーサーっていうのは大事な工程です。

逆にこのタスペーサーを入れずに塗装すると、かえって雨漏りの原因をつくってるということもいえるでしょう。

また水の侵入に気づくまでに時間がかかりますので、塗装後10年して雨漏りした。きっと塗装の防水が切れたんだなと勘違いされるかもしれません。

特にガイナ塗装する場合材料の特性から確実と言っていいほど隙間が埋まってしまいがちです。

タスペーサーは入れずに縁切りされる業者さんもいますが、見落とし等もあるでしょうし、そもそも作業する人件費の方が高いので、タスペーサー自体30坪程度の屋根なら2万円程度のもの(作業代別)ですからコロニアル塗装をする場合は必ず入れることをおすすめします。





  人気ブログランキングに参加してます。
↓ポチっとお願いします<m(__)m>

      にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村