063857b8fbd0ba9dcc84215044a6bb67_s

いやーな季節です。

ジメジメ蒸し暑くなってきました。

外壁塗装には不向きな季節です。

私もお客様に塗装ってどの季節がいいの?

なんてよく聞かれます。

大変申し訳ないですが、冬でも梅雨時期でも何時でも関係ないような言い回しをしちゃいます。

一年中受注して工事しないと食べていけません。

実際日本には梅雨もあれば、台風もあれば、最近はゲリラ豪雨なんてのもありますし、から梅雨で梅雨なのに雨が降らないなんて年もあります。

こればっかりはわからない部分もありますが、だからといって数十万から数100万の工事を梅雨時期にする必要は全くないような気がします…

小雨の中塗装してる塗装屋さんや、雨が降りそうなのに黙々と作業してる塗装屋さんもたくさんいます。

たいてい

下塗りだから大丈夫です。

中塗りだから大丈夫です。

すぐ乾くから大丈夫です。

不具合があれば塗り直すから大丈夫です。

 軒が出ていて雨が直接当たらないから大丈夫です。

なんて言いながら塗装しちゃう業者さんも少なくありません。

逆にここで業者と揉めると、中塗りすっ飛ばして上塗りが始まったりしちゃいます。


ただ個人的には使う材料や塗る場所によっては霧吹きで吹いたくらいの小雨なら仕上がりにさほど影響は無いような気もします。ある程度業者を信頼して神経質にならなくてもよいような気もしますが、最後は大金を支払われる施主様の判断なのだと思います。


そんな中、しっかりした業者は湿度管理を徹底したり、天気予報をシビアに判断して、雨は降ってないけど湿度が高いから今日は作業中止してくれというような施主様からしたら素晴らしい業者も存在します。

下請けの塗装屋さんはたまりませんが、質の高い管理体制で質のよい仕事をさせる業者もいます。

よく外壁塗装会社の売り文句に直接施工だから安心です。

なんてうたい文句がありますが、職人を抱えている業者ではなかなか出来ないことだと思います。

私はこのブログでよく職人の質について書いてきましたが、その会社の考え方や営業担当者の力量もかなり重要な要素です。

私達は、沢山失敗してます。
だから施主様との会話の中で、この方はネットの情報を沢山見られてるなとかよくわからない社団法人なんかの、外壁塗装失敗しない為の〇〇なんて冊子を読まれてるんだなとか察知します。

その上でお話します。

お話をしながらよい職人なのか、仕事をしてくれる担当者なのかを見極めて、信頼出来る業者を選んでください。

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村