外壁塗装の裏側
費用・時期・種類・相場のすべて 

外壁塗装の費用、相場、時期についてわかりやすくまとめてます

外壁塗装の費用、相場、時期、施工方法について書いていきたいと思います。外壁塗装を検討されている方に少しでも参考になればと思ってます。ご家族、ご友人の方と一緒に読んでやってください。

2016年06月

雨戸 雨戸シャッターの塗装



204050

梅雨です。

蒸し蒸しと過ごしにくい時期です。

私の一番嫌いな季節です。

この時期外壁塗装はなかなか進みません。

そんな時雨戸なんかを外して濡れない所で塗装したりします。

この雨戸ですが、山間のお宅の場合ほとんどサビは目立ちませんが、海が近いとよくサビます。

海から3キロ以内のお宅は要注意です。

昨今はサビキラー等サビを無効化するような塗料も出てきてますが、一番大事なのはケレン作業です。

サンドペーパーでサビを落とす作業が一番大事になってきます。

このケレン作業が中途半端だと折角塗装してもすぐに錆びます。

また外壁塗装の保証にこのような部分は含まれない場合が殆どです。

業者の言い訳で

ケレンしすぎると穴が開く、鉄板が薄くなるからケレンしません等言いますが、ケレンして穴が開くならもうその雨戸は塗装ではなく交換すべき時期になってるのかもしれません。

やっぱり錆を落とす作業は大事です。



次に上塗りは2回しっかり塗装します。

この部分で1回塗りか2回塗りかは数年したらすぐに結果が出やすいです。

1回塗りの場合数年で艶がひけてきて、錆がちらほら出てきます。

この雨戸塗装は1回塗りで仕上げたか2回塗りで仕上げたか塗り終わった後では本当に見分けがつきにくいです。

外壁や屋根は見る人が見れば断定まではできないにしてもなんとなくわかります。

しかし、雨戸塗装等は非常にわかりにくいです。

鉄板は塗料が吸い込まないので1回上手に塗れば艶むらもなくきれいに見えます。

同じ理由で雨樋や雨戸、トタン部分等は手抜きされやすい部分でもあります。

塗った直後はキレイに見えるのに数年でサビがでてきて、保証対象外。

施主様もそこまで注視されない場合が多い部分でもあります。



652ed8476360989c07919ff0a6ec2289_s


雨戸シャッターは塗装すると重くなる。

シャッターの両サイドの毛のようなモヘヤに塗料が染みついて開閉に支障がでる

なんてこともあります。

もし塗装するならそういう細かな部分の説明も聞いておいた方がよいでしょう。



また、雨戸の内側は塗装しません。という業者も多いです。

内側って一旦サビると処理が大変です。

表をいくら綺麗にしてももらいサビの原因になります。

そんな時サビキラーを塗ってみるというのもいいかもしれません。

業者がよく使うエポキシ系サビ止めなんかよりずっと長持ちします。






人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




 


ピノ クローバー 確率  幸運の四葉のクローバー  









この6個入りのピノの左上見てください。クローバーに変身してます。





蒸し暑い日が続いて萎えてくる今日この頃です。

夜中に蒸し暑くて目が覚めて、それ以降なかなか寝付けず、寝不足の日々を過ごしてます。

昼食後に眠気覚ましにアイスを食べようとピノをコンビニで買いました。

食べ終わってケースを見ると


四つ葉のクローバーが

まだ水滴がついてます。

ちょっとラッキーな気分



お昼からの仕事も頑張ろうと思います。







1 ピノのトレーがクローバーに変化する確率


このピノのクローバー確率は30箱に1個 約3%です。

ピノ1粒のカロリーは31カロリー

3%は超ラッキーです。


宝くじでも買ってみてください。







2 ピノでクローバーが出たとき必ずやっておいた方がよいこと


  • 最後の一粒以外でクローバーが出たとき以外は、まず最後までピノを味わってください。

  • クローバーのトレーは捨てずにお家までもって帰りましょう。

  • このページの下にあるTwitterボタンを押してクローバーが出たことを証明してください。

  • コアラのマーチのレアキャラも狙ってみましょう

  • 宝くじをすぐ購入しましょう。今あなたはきっとついてます。今スグです。







当ブログはラインで更新通知を受け取れます。 是非登録してみてください。










超ラッキーなあなたからのポチ待ってます↓
  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村






 マウスコンピューター/G-Tune

お茶は出す? お茶菓子も出す?


ac11366dc3ebc8efff33812150d6600c_s

リフォームを依頼し、工事中に職人さんへのお茶は出した方がいいのか?

出すなら何を出した方がいいのか?

なんてことで悩まれる方もいるのではないでしょうか?

そもそもこのお茶ですが出さなければならないものなのでしょうか?

商談の時などに施主様から

お茶は出した方がいいのでしょうか? 

とか

共働きでお茶だせないのですが、よろしいですか?

なんてことをいわれることがあります。

当然私は全く必要ないですよ。

とか

全く気にされないでください。

とお伝えします。

が、そのことを職人に伝えることはほとんどありません。

これは私に限らずほとんどそのような受け答えをする方が多いのではないでしょうか。

また、基本的にはお茶を出したから丁寧に工事をする

とか

出してもらえないから手抜きする等ということはないと思います。 

しかし古くからの風習なのか、施主様(特に奥様)が在宅されている場合はほとんどの場合お茶とお茶菓子は出てきます。

最近はあまりないですが、以前田舎の家を工事する時などはお寿司をとってくださったり、うなぎをとってくださったり、お酒がでてきたりしてました。または奥様の手料理等がでてきたり。

工事が終わった後、現金をわたされたり、ビールのケースを頂いたりすることもあります。

ここまでする必要は全くありませんし、時代的にも違和感を感じます。

しかし、もしご自分の家の工事を一生懸命してる職人さんに10時と15時に冷たいお茶を出していただけるのはありがたいものです。

夏は本当に暑いです。喉が渇きます。真夏には一人2リットルくらいの水分補給はかかせません。

最近はお茶のペットボトルなんかもあるので、そういったものが若い職人は喜びます。

お茶代も馬鹿にならないので、クーラーボックスを持参してる職人や大きな水筒持参の職人も多いかもしれません。

そういう場合はスイカ等も喜ばれるかもしれません。

ただお気持ちですので、忙しくて余裕のない方やわずらわしく感じる方は一切されなくてもよいと思います。

ただ、お金を払ってるんだからお茶等だすかというようにクールに考えず、職人さんともコミュニケーションを取りながら、ちょっとした会話もしながら工事を勧めてもらうと安心できる部分も出てきますし、ひょっとしたらいいこともあるかもしれません。

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


マウスコンピューター/G-Tune



 

【裏側】 外壁塗装 広島にて


2a395dc0a408d27dd995788a927ce0ec_s

マンションの塗装で広島に行くことになりました。

梅雨時期ですし、ちょうどいい息抜きになります。 

私が実際に塗るわけではないですが、材料の搬入と広島の職人さん見学です。

最近お好み焼きがマイブームなので、本番、広島風お好み焼きは大変楽しみです。

さて今日の本題です。

知らぬが仏なんて言葉があります。

よくできた言葉です。

私も全くそう思います。

相見積もりをする時、3社見積りなんてのが流行ってます。

あまりに浸透しすぎて、業者のチラシに当社も3社見積りの一社に加えてください。

なんてフレーズなんかもあったりします。

相見積もりは競争が生じます。

施主様からすれば、予算交渉せずとも勝手に予算が下がるというメリットがあります。

素晴らしい効果です。

また3社の見解を聞く事ができ、現状を正確に捉えるよい機会になるかもしれません。

その3社の中から相対的な選定基準で良さそうな業者を、選ぶ方が増えてきてます。

問題は相対的によいだけで、それは真の意味でよい業者ではない。むしろドングリの背比べになっている可能性が高いということです。

外壁塗装に性善説はあてはまりません。

どの業者も顧客獲得に必死です。

多少の無理や誇張した表現を多用する傾向があります。

この業者が背伸びした部分は全てあなたの家の外壁塗装工事にしわ寄せとなってあらわれます。

特にネットの一括見積りサイト等を使うと、素晴らしい工事をありえない金額で3社が提示してくる場合もあるでしょう。

知らぬが仏を決めこんで、信用して任せる

または

隅々までチェック管理し、ありえない金額で素晴らしい工事をして貰う

というのが外壁塗装を成功させる秘訣かもしれません。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村 

ボロボロ は 嫌なんです




a6528d3e8a42da55600655af39e64b2c_s

大変失礼なことを書きます。

塗装業者にとって一番塗りやすいのは、素地の傷みの少ない築10年程度の建物です。

サッシの枠付近のラインも新築の時のままなので、ペンキで汚れてるなんてこともないですし、養生する時のラインも綺麗にできます。

に比べ築30年以上経過しているような建物は、外壁にヒビや破損箇所があったり、屋根の素地は素あなだらけでしょう。

下手すれば、前回塗った塗料が剥がれてきていてどうしようかと頭を悩ませます。

前回塗った業者が下手な仕事をして土間は汚れ、サッシまわりがペンキだらけだったりするときれいに仕上げるのに苦労します。

逆に、この施主様はこの程度の仕上がりでOKなんだと考える業者もいるかもしれません。

が、折角塗り替えるのに仕上がりが悪いとこちらもがっかりします。

かといって依頼が来ればそれはありがたいので受けますが・・・

あまりボロボロになると予算もかかりますし、そもそも塗装では対応できないケースもあるでしょう。

そういった意味では定期的、計画的なメンテナンスは必要なのかもしれません。

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

【裏側】 オリジナル塗料の是非


2975e5bc03fc0fbe4569cad17514df1a_s

当社オリジナルの塗料なので他ではこの材料を使って塗装工事することはできません。

というような材料を持って飛び込み営業等をされている会社があります。

オリジナル

独自

限定

最高級

キャンペーン

等,購買意欲をさそうフレーズで施主様に迫ります。

このオリジナル塗料ですが、実際はどうなのでしょうか?

答えは、可もなく不可もなくというのが実情です。

つまり悪いわけではないと思います。

ただ同等品に比べて若干もしくはかなり高い場合はあるかもしれません。

またその営業マンの説明する内容が誇張されている場合が多いです。

塗料の開発って難しいようです。

昔の職人さんがオイルペンキにボイル油を混ぜて乾きを遅らせ耐久性を上げ艶をよくするなんてレベルではありません。樹脂の設計から化学者が実験を繰り返してよい塗料を開発してます。

いい製品は全国の塗装屋さんが飛びつきますからわざわざ1社独占で売って貰う必要はありません。

いち営業会社がそんな技術は持ち合わせてませんし、それに見合うほどの受注を上げれるわけはありません。中堅どころの塗料メーカーとタッグを組んでるだけというのが実情です。

いわゆるOEMです。

ただこのような材料を提案されるとビックリするくらい信じ込まれる施主様がいるのも事実です。

こういう方のところに営業にいくと、

「あなたこんな素晴らし材料もしらないの?勉強不足ね」

のような対応を受けてしまいます。


このような時こそその材料名やそれを売ってる業者の社名でネットで検索されてみてください。

ヒットしないか、実情が見つかるはずです。

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



 

本当に失敗しない外壁塗装の選び方


148e5650715073288a1e21cfb986c4ba_s

外壁塗装についての情報はたくさん集める事が出来るようになってきてます。

この数ある情報に振り回されてませんか?

例えば私のブログですが、外壁塗装のプロという立ち位置で書いてますが、実際は知識量や経験などまだまだ不足していると自負しています。

偏りもあるでしょう。

20年経過した今でも、施主様にお叱りを受けることもあります。

こういう部分を見られているのだと新たな発見もあります。

 

実際に工事するのは、私ではありませんし、私はあなたのお宅を見たわけでもありません。このブログを鵜呑みにするのも問題だと思います。

私はこのブログを集客あつめに利用しようとは思っていません。そこだけは他のネット上の情報と違うと思ってます。
残念ながら文章を書くことが苦手ですし、読みにくいわかりにくい部分は多々あると思います。

しかし率直に思うことを書かせて頂いてます。 

 

外壁塗装を成功させる上で一番大事なことは、実際に依頼する業者との信頼関係です。

信頼関係がないまま工事を依頼すると、失敗したと感じてしまうことが多いでしょう。

ネット上には大して重要なことでもないのに、これが出来ないのは失格だ。とか悪徳業者だというような情報がたくさんあります。

また、そのようにネット上でまことしやかに語られていることを知っている業者もいれば知らない業者もいます。

このような事柄に対して貴方が業者に質問します。

完成度の低い仕事しかしない業者はその事を知っていて、満点の回答を自信満々で説明するかもしれません。

その事を知らないが腕のよい業者はあなたの求める回答が出来ません。

両者の話を聞いた貴方はこの時点で誤った判断をしてしまうかもしれません。

為になる情報もたくさんあります。施主様が知識量を増やすのはよいことだと思います。

しかし、最後は、この人に頼んで仕上がりが悪くても許してあげよう。とか私が一生懸命探して決めた業者だから、万が一納得出来なくても諦めよう。という位まで納得いく業者を探してください。

そういう業者をしっかり選びさえすれば工事が始まった後や、工事が終わった後に 後悔することはないでしょう。

自己責任です。

一言で信頼できる業者を探すといいますが、非常に難しい、また面倒な作業になります。

 ただここで妥協してしまうと後悔する確率は確実に上がります。

 

業者HPによく載ってる直筆アンケートの類ですが、大抵大満足ですとか点数のあるものだと80点以上です。

1:集客目的のHPに80点以下のアンケートを載せる必要がないから

2:そもそも80点以下のアンケートを書く人はいません。憤慨している施主様にアンケートをお願いする業者はいませんし、もしお願いされても施主様も回答しないでしょう。

3:優しい施主様は言葉を、選びながら書いてくれます。


このようにうっかり騙されてしまうような罠がたくさんあります。

また、施主様一人ひとりで求めるものが違うということも重要な点だと思います。

となりの家を塗っていていい業者さんよと紹介されたとします。


隣の家の方とあなたとでは業者に求めるものが違う場合もあります。

・とにかく安くざっと塗ってくれればそれだけで満足な方

・職人が元気よく挨拶していればそれだけで安心する方

・庭に塗装工事で出たごみが数日放置されていると不信感をいだく方

・雨や気温にたいして過敏に反応し不安になる方

・とにかく早くしあげてほしい方

・時間はどれだけかかってもいいからしっかり塗ってほしい方。

 
言いだすとキリがないですが、このすべてをクリアしながら施工できる業者はいないと思います。

契約前の打ち合わせの時に、出来るだけ細かく、具体的に希望されることを伝えてください。

プロなんだから言わなくてもわかるだろ。そんなの当たり前だろ。常識的に考えればわかるだろ。

すべて勝手な思い込みです。

当たり前に思えることでもすべて確認してください。

確認事項が多いほど業者の立場からすれば、この方はちょっと注意しないといけないなと気を引き締めて工事します。

そう思わせるだけでも価値のあることだと思います。

塗ってしまえば下手くそが塗ろうが、途中手抜きがあろうがわかりにくいのが外壁塗装です。

 

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

梅雨入りしましたが、今がベストタイミングかも?



544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s

各地梅雨入りしちゃいました。

毎日蒸し暑くへばってきます。

この時期雨で現場が休みになって有能な担当者が見積もりにきてくれます。

この時期でなくてもきてくれるのですが。

この梅雨の時期に100万円もする外壁塗装工事を行うのはおすすめしない私ですが、見積もり依頼はちょうどいいのかもしれません。

実際に塗ってる職人さんも雨で暇だったりしてるかもです。

また、小さな塗装屋さんは現場がすすまないから収入が減り、ちょっとあせって普段提示しない金額で仕事を集めようとしてるかもです。

業者に連絡すると大抵一週間以内くらいに現場調査にこられます。

その後一週間程度で見積もりをもって再度訪問されます。

そしてその後1~2週間で施主様から工事依頼の電話や詳細についての問い合わせがきます。

大抵の場合最初の電話から1か月程度でどこに工事依頼するか決められる施主様が多いようです。

真夏は真夏で養生等で窓を閉め切られますから暑かったりしますが、今は皆さんエアコンをつけて生活されてますから、少し我慢してください。

いずれにしても今から見積もり依頼されると、変な業者に契約をせかされなければ、ちょうど梅雨開け~お盆前に工事して頂ける場合が多いと思います。

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



 

【裏側】 外壁塗装の保証書  


1117a8f45c2cc4a7f766de68032cae91_s


最近の外壁塗装には保証書がついてきます。

施主様によってはこの保証の期間や内容を比較検討材料にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 

外壁塗装における保証の中身、種類について考えてみます。

1:塗料メーカーの保証

2:塗装業者の独自保証 

3:瑕疵保険等の他団体での保証

と大きく3種類くらいあるのではないでしょうか?



1の塗料メーカーの保証は材料についての保証です。

施工不良の場合は保証が受けられなかったり、材料だけの保証ですから、いわゆる工賃は含まれていません。

つまり足場架設費や工事代金は保証に含まれませんので支払う必要があります。

一般的に100万円の工事に対して塗料代というのは1割から多くても3割程度だと思います。

2の塗装業者の保証はその業者が潰れればただの紙屑ですし、販促ツールのような目的で発行されているケースも多く通常ではありえない長い期間保証されている場合があります。

3の保証ですが、1や2と比較すると保証期間が1年~3年程度と短く、保証書を発行し加入するのに施主様が別途費用を負担しなければならない場合もあります。
しかし一番現実的な保証かもしれません。


また保証書の内容ですが、クレームの発生の少ない外壁に対しては保証するけど、剥げてきやすい木部や錆がでやすい金属部分等の付帯部分に対しては保証されてない場合もあります。

またいわゆる免責事項もあります。

また業者サイドから考えると施工後1か月くらいは塗残しやちょっとした不具合で連絡を頂くケースはありますが、3年、5年と経過してくると余程ひどい施工をしない限りクレームの電話をされる施主様はいません。

また年数がたてば業者もすっとぼけたり、強気の対応ができる自信もあります。

クレームの電話をしたはずが、下地から剥げてる、水がまわってる等わけのわからないいいわけで追加工事の契約をせまられる場合すらあります。


電化製品等は動く無くなった等明確に壊れた症状がわかりますが、塗装の場合は劣化状態が明確にわからない場合もありますし、少しづつ傷みますから気づかない場合もあるでしょう。

保証はあったほうが安心でしょうが、実際突き詰めて考えると安心できない内容の場合が多いです。

保証があるから安心等と安易に業者選定をせず、しっかり仕事をしてくれる業者を選ぶのが一番だと思います。





人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


 

【裏側】 本当にあった怖い話





443719

10数年前のお話です。

とある業者が屋根塗装を受注しました。

その業者が屋根塗装の工事を始めると必ず雨漏れがします。

最初に屋根の洗浄をします。

その時にルーフィングシートを少し破いて水を流すと見事に雨漏れしちゃいます。

その業者は日常的にやっていたと下請をしてた職人さんから聞いたことがあります。

ここからは私の想像ですが、まず屋根塗装を比較的安く受注します。

後にルーフィングシートの張替え工事を追加で受注するのですが、その時はかなりふっかけた金額で見積るのでしょう。

施主様は屋根塗装をしている途中ですし、断るに断れない、ましてや雨漏れし始めたのだから止めなければいけません。


最近はこの手のあからさまな悪徳業者はあまり見かけません。


が、えげつない訪販はまだまだいます。

無料、キャンペーン、サービスなんていうのはこの業界では施主様が得することはまずありません。

たまにあるのが、〔通常30万円の〕屋根塗装に無料外壁洗浄がついてキャンペーン価格40万円

足場代サービスもよく聞きますし、施主様から求められることすらありますが、純粋に足場代サービスなんてできません。

定価のない塗装代に最初からのせてるか、利益を減らすかそのどちらかでしょう。

聞こえのよい宣伝に乗っからず経験豊富な職人さん、経験豊富で真面目に誠実に仕事をする現場管理者のいる業者を選ぶのがよいと思います。


人気ブログランキングに参加してます。  
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村



改定


難しいと言われるリフォームが誰でも簡単にたった5つの手順だけで成功

by   外壁塗装の裏側 管理人
外壁塗装 質問コーナー
530741



外壁塗装を検討中で実際に業者に見積を依頼したけど、

その見方がわからない。

書かれてる内容の是非がわからない。

実際見積の金額や施工方法が妥当なのかわからない。

なんてことをよく耳にします。


見積書をメールに添付して送ってくだされば私なりに、業者さんへのつっこみ所や妥当性をアドバイスさせていただきたいと思います。

下記の申し込みファームより、お名前(ハンドルネーム可)、メールアドレス(送受信できるもの)、ご不安な点等記載の上ご連絡ください。

ご登録頂いたメールアドレスにこちらより返信いたしますので、そのメールに見積書を添付ください。

見積書は個人の特定できる部分や業者名などは伏せていただいて構いませんが、見積内容はすべて添付ください。

写真付き診断書や家の外観のわかる写真等あれば一緒に送っていただけると判断しやすいと思います。

                      
                       見積診断お申込み
ギャラリー
  • 外壁塗装 成功する人 と 失敗例TOP3
  • 外壁塗装 見積もり 注意点 本当の話
  • 【体験談】外壁塗装 一括見積もりサイト 比較ランキング
  • 外壁塗装 種類とベストな選び方
  • パーフェクトクーラーベスト ラジカル塗料 断熱塗料
  • 外壁塗装 価格・相場と仕事内容の比較
  • 外壁塗装 費用・相場 安心工事の見分け方
  • ブルートゥース iPhone に プラントロニクスM70 運転中OK?
  • 外壁塗装の時期・季節  ウソと本音
リフォーム ホームプロ