外壁塗装の裏側
費用・時期・種類・相場のすべて 

外壁塗装の費用、相場、時期についてわかりやすくまとめてます

外壁塗装の費用、相場、時期、施工方法について書いていきたいと思います。外壁塗装を検討されている方に少しでも参考になればと思ってます。ご家族、ご友人の方と一緒に読んでやってください。

2016年03月

塗装業者の資格、免許について

最近施主様に、「おたくは資格や、免許を持ってる方いましか?」
なんてことを聞かれることが増えてきました。
10年前までまずありえなかった質問です。
この資格や免許って1日課題となる資料に目を通すと貰えるものがほとんどで、その資格を発行してる〇〇協会みたいな団体の多くは塗装業者の出先機関だったりします。
そんな中多少あるといいかなと私個人的に思う資格は一級塗装技能士だけです。
〇〇診断士とか雨漏り〇〇なんて資格はHP上でのアピール用だと考えるのが妥当だと思います。
つまり持ってない業者より持ってる業者の方がいいでしょう。しかしそれを大きな判断材料にするのは危険かもしれません。
昔テレビ番組で、不動産業者の物件のアピールの仕方を解説してる番組でなるほど!っと思うことがありました。内容は確かこんなものでした。
閑静な住宅地 →辺鄙な住宅地
緑豊かな → 山奥で周りに何もない
塗装業者でいうと
地元密着 自社施工等
なんて表現があります。ふんわりといい感じだけど、特に意味はない言葉。つまり他に強みがない業者さんかもしれません。
だから一晩で取れる免許や資格を取得してHPで宣伝する。
HP上にある 施工例やアンケート等も同じです。
悪い評価のアンケートはまず載せません。
満足度等も同じでしょう。
仮に100万円払った工事を自ら失敗したなとは思いたくはないでしょう。多くの人がいい業者だったと思い込みたくなるでしょう。

中塗りと上塗りの色変えの秘密

最近ネット上でよく見かける「当社では中塗りと上塗りの色をわざと少しだけ変えてしっかり間違えなく塗装します」
当社では余った材料で中塗りをして上塗りだけご指定の色で仕上げます。
が本来の意味になります。

または、勉強したふりをしようとする学生が教科書や単語をやたら書く。書いて覚えてるふりをする、覚えてる気になる、勉強してる気分になる。実際は非常に効率の悪いやり方なのに、それに気づかない状況に似てるのかもしれません。

塗装屋さんは石油缶で材料を買います。材料や外壁の材質にもよりますが、石油缶1缶で約100平米一回塗りが出来ます。仮に120平米のお宅を2回塗りする場合3缶材料が必要です。
そして、石油缶約半分くらいが余る計算になります。
これを捨てるとなるとさらに産廃費用がかかります。
少し前までこの余った材料を補修用に施主様にプレゼントする業者もちらほらいました。
が出来れば他の現場で使いたい。
昔は出来るだけ同じ色になる様に調色して使ったり、余った色をお客様にすすめたりしてました。
実際私も経験を積むうちに、ネットでここまで大々的に出る前に同じことをお客様に説明したりもしてきました。
しかし最近はお客様からわざわざ要望を頂く様にまでなってきました。
あなたのところは中塗りと上塗り色かえてますか?とか変えて塗ってくださいね。とか
実際やり方としてはそんなに悪くないとは思います。または普通のことだとも思います。
がわざわざそれを指定までしなくてもと思ったりします。
活字の力って凄いなとか、ネットの力って凄いなと感心します。
ああいう内容を一度読んでしまうと、同色で塗るってだけで、それがさも悪いことの様に思えてきます。
一流の職人ならまず塗り忘れなどしませんし、材料は乾く前と乾いた後では色が変わりますから視覚的に塗ってる本人は確認出来ます。
あなたの家の為にわざわざ新品の材料を仕入れて塗ると何か不都合がありますか?
しかし既に最近のスタンダードは中塗りと上塗りの色を変えるです。
では中塗りも新品上塗りも新品を仕入れて貰おうと考える方もおられるかもしれません。
すると、中塗りの材料の余りと上塗りの材料の余りをあなたがお金を払って買うことになります。
最初の方にも書きましたが、外壁塗装って人の技術を買うってことです。
塗料の種類とか職人の技より人としての信頼関係が一番大事だと思います。
ネット上の表面的な情報に左右されず、信頼出来る業者さんが見つかるといいですね。



もし少しでも役に立てたならしたのタグクリックお願いします。ブログランキングに参加してるので励みになります。
よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ

改定


難しいと言われるリフォームが誰でも簡単にたった5つの手順だけで成功

by   外壁塗装の裏側 管理人
外壁塗装 質問コーナー
530741



外壁塗装を検討中で実際に業者に見積を依頼したけど、

その見方がわからない。

書かれてる内容の是非がわからない。

実際見積の金額や施工方法が妥当なのかわからない。

なんてことをよく耳にします。


見積書をメールに添付して送ってくだされば私なりに、業者さんへのつっこみ所や妥当性をアドバイスさせていただきたいと思います。

下記の申し込みファームより、お名前(ハンドルネーム可)、メールアドレス(送受信できるもの)、ご不安な点等記載の上ご連絡ください。

ご登録頂いたメールアドレスにこちらより返信いたしますので、そのメールに見積書を添付ください。

見積書は個人の特定できる部分や業者名などは伏せていただいて構いませんが、見積内容はすべて添付ください。

写真付き診断書や家の外観のわかる写真等あれば一緒に送っていただけると判断しやすいと思います。

                      
                       見積診断お申込み
ギャラリー
  • 【体験談】外壁塗装 一括見積もりサイト 比較ランキング
  • 【2019公開】外壁塗装 遠く離れた親戚に教える選び方  リアル 
  • 外壁塗装 成功する人 と 失敗例TOP3
  • 外壁塗装 見積もり 注意点 本当の話
  • 外壁塗装 種類とベストな選び方
  • パーフェクトクーラーベスト ラジカル塗料 断熱塗料
  • 外壁塗装 価格・相場と仕事内容の比較
  • 外壁塗装 費用・相場 安心工事の見分け方
  • ブルートゥース iPhone に プラントロニクスM70 運転中OK?
リフォーム ホームプロ