最近あたたくなってきました。

普通に外を歩いてるだけで汗がふきだしてきます。

あまりうれしくない季節ですが、外壁塗装でもこのシーズンは遮熱塗料やガイナといった塗料がよく選ばれます。

このガイナってどの業者でも扱える塗料ではないんです。

認定店になるためにお金をはらった業者だけが取扱いできるような仕組みになってます。

最近若干抜け道もでてきているようですが、基本的にはガイナを取り扱いができる業者できない業者がいます。

取扱いの出来る業者

ガイナを勧めることが多い

競合する業者が取扱いできなければ一人勝ちになる

ネームバリューもある為高く売れる

取扱いの出来ない業者

ガイナを否定します。


ここで問題なのは、ガイナの良いところ、悪いところを正当に評価してないということです。

扱える業者は肯定的な部分だけを伝えようとする

扱えない業者は否定的な部分だけを伝える

これに比べると遮熱塗料はいろんなメーカーから発売されていてどんな業者塗ってもらうことが可能です。


この遮熱塗料やガイナについてですが、このブログでも何回か書かせて頂いてますが

遮熱塗料よりガイナの方が効果は高いと思います。

がいずれの場合も塗膜が劣化するにつれ効果は減少してしまいます。

また住宅には窓等の開口部があるのでそこからは熱線が侵入してしまいます。

断熱材等の入った住宅ではその効果はあまり感じることができないかもしれません。

塗料の枠組みの中では熱を伝えないとか熱を反射させる効果はあると思いますが、所詮塗料なので多大な効果を永続的に期待するのは難しいと思います。

冷夏や猛暑といった気候の変動もありますので感じ取り方に誤差はあるのでしょうが、手放しで塗ってよかったという感想を聞いたことはまだありません。

少しでもエコをなんて考えや色が気に入った等ほかの検討要素があればよいと思いますが、私自身全力でおススメしようとは思いません。

ただいずれの場合も表面温度が上がらないですし、効果が全くないということはないと思います。屋根に塗った場合通常の塗料を塗った瓦は熱くて触れませんが、このような塗料を塗ると普通に触れます。

またガイナは材料自体軽くふわっとしてるので、効果はありそうとは思います。

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村