塗料



外壁塗装をするときに気になるのが、費用だったり、耐久年数だったり

費用対効果って大事な部分だと思います。

費用は抑えたい

お得に外壁塗装をしたい

高性能なものが欲しい

皆さん考えることは同じです。


そんなときによく上のような図(悪魔の図)を用いて説明する場合があります。

業者HPでもこの手の図はよく見かけます。

この図を見ると一見、無機系が一番お得なように見えちゃいます。

というかこの情報だけなら確実に無機系がお得ですよね。


要するにフッ素や無機を選びませんか?

ということになります。

親切そうに見える業者は、塗装代金の中で足場代や職人の人件費が大きなウエイトを占めるので

高級な塗料を使って塗装回数を減らした方が将来的にはお得なのです。

という注釈までつけてくれます。


ただ肝心な部分が抜けています。

破風板等の木部や雨戸等の金属部分は15年~20年という期間無傷ということは考えにくいから足場を組んで再塗装が必要になる。

今は高額で割高な塗料を無理して使う必要はあるのか?


あくまでも塗料の性能を最大限引き出せる施工が最低条件になる。



非常に上手い誘導ができる図ですが、私には


騙そうとする悪意があるのか

または

塗装業者なのに本質が理解できない業者なのか

いずれにしてもこの説明をしてるような業者は信頼できません。


ただの部分の説明もしっかり伝えてくれてるのであれば問題はないように思います。






当ブログはラインで更新通知を受け取れます。 是非登録してみてください。




人気ブログランキングへ