a6528d3e8a42da55600655af39e64b2c_s

大変失礼なことを書きます。

塗装業者にとって一番塗りやすいのは、素地の傷みの少ない築10年程度の建物です。

サッシの枠付近のラインも新築の時のままなので、ペンキで汚れてるなんてこともないですし、養生する時のラインも綺麗にできます。

に比べ築30年以上経過しているような建物は、外壁にヒビや破損箇所があったり、屋根の素地は素あなだらけでしょう。

下手すれば、前回塗った塗料が剥がれてきていてどうしようかと頭を悩ませます。

前回塗った業者が下手な仕事をして土間は汚れ、サッシまわりがペンキだらけだったりするときれいに仕上げるのに苦労します。

逆に、この施主様はこの程度の仕上がりでOKなんだと考える業者もいるかもしれません。

が、折角塗り替えるのに仕上がりが悪いとこちらもがっかりします。

かといって依頼が来ればそれはありがたいので受けますが・・・

あまりボロボロになると予算もかかりますし、そもそも塗装では対応できないケースもあるでしょう。

そういった意味では定期的、計画的なメンテナンスは必要なのかもしれません。

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ