サビ止め塗料ってエポキシ系を使ってる業者が殆どではないでしょうか?

特にサビてる白色の鉄部を塗装する時、サビ止め塗料を下塗りしておかないと、塗装後2、3日で赤いサビが表面に浮き出て再塗装なんてことがあります。

原因はサビをケレンして落としてない。それだけなんですけど。

サビてる鉄部の塗装はすごく手間がかかります。

サビはいきなりサビ止めを塗ってもすぐさびてきます。

平らな部分はケレン作業で割と簡単にサビを落とすことができます。

しかし、ボルトやねじ頭、釘頭なののサビを落とすのは非常に困難です。

そういう場合サビキラーの登場です。


錆を落とさずそのまま塗ればサビの発生を抑えることができる。

って内容のことが堂々と書かれてます。

騙されたと思って塗ってみると今まで見たことのないような塗膜が形成され見た目でサビが出てこない感じに仕上がります。

もちろんその上に塗装が必要ですが、サビキラーは画期的な商品です。

水性なので使いやすいです。

最近使ってみたので何年くらい持つのかわかりませんが、きっと大丈夫な気がします。

折半屋根や工場等のH鋼なんかの塗装ではサビキラー以外考えられなくなってしまいました。

お値段は高いですが、きっと満足のいく商品だと思います。 











人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村