2f1f4df2a49dafcadbb30eae9ed02228_s



1:外壁に張り付いているエアコンと室外機をつなぐダクトがあります。

手の込んだ職人さんはそれを分解して外して、外壁を塗り、ダクトも綺麗に塗装してくれたりします。

養生もせず、外壁と同じ色で塗りつぶす職人さんもいます。

養生して、ダクトの裏側までは塗らない職人さんもいます。



2:雨戸を塗るとき

雨戸をペーパーケレンして、ツルツルにして、塗装機で何度か塗装し、鏡面仕上げする職人さんもいます。

雨戸をマジックロンでかるくケレンして、刷毛やローラーで塗る職人さんもいます。

殆どケレンせず塗る職人さんもいます。


3:瓦を塗るとき

ヒビの入った瓦を見つけ、瓦を差し替えてくれる職人さんもいます。

ヒビの入った瓦を見つけ、コーキングでかるく補修してくれる職人さんもいます。

ヒビの入った瓦に気づいてないふりをしてそのまま塗料で埋めようとする職人さんもいます。


4:木部を塗るとき 

木部はハゲやすいからといって、皮スキでざっとケレンして、マジックロンで更にケレンして、最後にペーパーケレンで仕上げたり、サンダーで旧塗膜をしっかりとって塗装する職人さんもいます。

木部を皮スキどマジックロン等でざっとケレンして仕上げる職人さんもいます。

木部を殆どケレンせずパリパリの旧塗膜だけはいで塗装する職人さんもいます。


5:フッ素で塗るとき

フッ素を1缶5万以上で仕入れ塗ってる会社または職人さん

同じフッ素を3万円以下で仕入れ塗ってる会社または職人さん

フッ素といいながらシリコンを塗ってる会社または職人さん


上記の様に、素人では気づかないようなことや、そのやり方しか見なければそんなものかと感じる様なこと、逆にそこまではしなくていいと感じる様なこと、明らかにおかしな部分等色々な業者がいます。

一番避けて欲しいのが、高い予算でお粗末な仕事しかしない業者を選ぶこと。いわゆるぼったくり。高いから間違いないと短絡的な判断は禁物です。

次に必要以上に予算に集中しすぎて、とにかく安い方安い方を選んでしまうと、自ら入念にダメ業者を選定し、結局割高な買い物をしてしまって失敗したと後悔すること。


慎重な方が陥りやすいのは3社相見積でどこも金額が似たり寄ったりだから大丈夫だろう。なんて考えも危険です。たまたま雑な仕事を専門にしてる会社が3社きたなんてことはよくあります。むしろそういう業者が多数派ですから普通に3社くらい揃います。相見積では家の診断を聞く、作業方法を聞くということに集中してください。

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村