2a395dc0a408d27dd995788a927ce0ec_s

マンションの塗装で広島に行くことになりました。

梅雨時期ですし、ちょうどいい息抜きになります。 

私が実際に塗るわけではないですが、材料の搬入と広島の職人さん見学です。

最近お好み焼きがマイブームなので、本番、広島風お好み焼きは大変楽しみです。

さて今日の本題です。

知らぬが仏なんて言葉があります。

よくできた言葉です。

私も全くそう思います。

相見積もりをする時、3社見積りなんてのが流行ってます。

あまりに浸透しすぎて、業者のチラシに当社も3社見積りの一社に加えてください。

なんてフレーズなんかもあったりします。

相見積もりは競争が生じます。

施主様からすれば、予算交渉せずとも勝手に予算が下がるというメリットがあります。

素晴らしい効果です。

また3社の見解を聞く事ができ、現状を正確に捉えるよい機会になるかもしれません。

その3社の中から相対的な選定基準で良さそうな業者を、選ぶ方が増えてきてます。

問題は相対的によいだけで、それは真の意味でよい業者ではない。むしろドングリの背比べになっている可能性が高いということです。

外壁塗装に性善説はあてはまりません。

どの業者も顧客獲得に必死です。

多少の無理や誇張した表現を多用する傾向があります。

この業者が背伸びした部分は全てあなたの家の外壁塗装工事にしわ寄せとなってあらわれます。

特にネットの一括見積りサイト等を使うと、素晴らしい工事をありえない金額で3社が提示してくる場合もあるでしょう。

知らぬが仏を決めこんで、信用して任せる

または

隅々までチェック管理し、ありえない金額で素晴らしい工事をして貰う

というのが外壁塗装を成功させる秘訣かもしれません。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村