ad39a537d3120bf140138d33ecd802f0_s

外壁塗装を依頼しようとするときの注意点をまとめてみます。

1 一番大事なことは業者 人選び?

一番大事なことは実際にどのような職人が塗るのか?

ということだと思います。



よい職人といってもそれをどう定義するかも難しいです。

塗装職人としての技術

塗装に対する知識

人柄・性格

金銭感覚

請負金額

周りの職人とのつながり

ぱっと思い浮かべるだけでこれくらいはあります。

またこのすべてが完璧な方はなかなかいないかも知れません。

腕はよいけど手抜きしたり、 腕はいいけどお金がないから突貫工事になったり、請け負った職人は素晴らしいのに、その下の職人がずさんな施工をしたり、一生懸命仕事したいのに、請け負い金額が少なすぎて金額に応じた仕事しかさせてもらえなかったり。

コスト面から考えると直接職人に依頼するのがベストでしょうが、現実的にはかなりハードルが高いでしょう。

個人の職人がHPを持っているなんて話を聞いたことがありません。

電話帳で何件も聞いて回るのもなかなか難しいでしょう。

すると塗装会社を探すことになるでしょう。

その会社の考え方も大切です。

いわゆる営業会社の場合契約を決めて集金できる範囲の工事をさせて集金しておわり。

この手の会社には要注意です。

塗装会社には営業マンもいるでしょうし、事務員さんもいるでしょう。

よい営業マン・担当者に当たれば、しっかり現場を管理してくれます。足しげく現場を見にきて、職人が手抜きしてないか?天候は大丈夫か?近隣への配慮や施主様への報告や新たなご要望などを工事に反映してくれます。

仕事をする担当者の場合です。

ただ契約をとって回って、とれたら日中遊びほうけている担当者にお願いしてしまうとただ高い買い物をすることになります。

職人選び

会社選び

担当者選び

もしここに失敗すると

選定ミスをしたという自己責任です。

業者にクレームをいい、厳しい話し合いをする。または、あきらめるという選択をする。

いずれにしてもかなしい結果になってしまいます。






2 塗料(材料)は何を選べばいいのか?

以前に比べると住宅塗料の種類は多岐に及びます。

材料選びの前に今一度確認させていただきますが、どんなによい材料をお選びになられても、施工上に問題があれば、その性能を十分に発揮できません。

この材料選びについては比較的簡単に調べることができると思います。

商品名や材料名で検索していただければ、塗料メーカーのHPなどで紹介されてますし、熱心な方は塗料メーカーに問い合わせされる方もおられます。

塗料の樹脂は、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、無機系と様々ですが、今主流はシリコン~フッ素でしょう。

ここで迷われているなら、まずシリコン系の材料を調べてみてください。各メーカーの主力商品なのでシリコンだけでもたくさんの種類があります。

日本の古くからある塗料メーカーなら同じグレードでしたらほとんど差はないと思います。

工場が近いので配送代が安い、懇意にしている卸塗料店がメーカーと太いパイプがあるので安く入るなどの理由で業者によっておすすめのメーカーのものでよろしいかと思います。

私個人的には、シリコンかフッ素の中から予算にあうレベルの塗料を選ばれるとよいと思います。

水性、弱溶剤 1液 2液 と種類も豊富ですので、実際に依頼する業者の説明も参考にしながらご検討されるとよいと思います。

水性と油性の違いと耐久性の違い
もご参考にください。

中には独自の材料を開発したなどとその材料ありきで営業にくる会社もありますが、これは要注意が必要です。

塗料なんてそんなに簡単に製造できません。もし本当によい材料なら施主様に直接売るより塗装業者に売ったほうが受注量が増えるため儲かります。

塗料メーカーに製造してもらった材料に独自の商品名が入ったラベルを貼り、営業マンの言い回しでレア感をあおり高く売るという流れになります。


 20年、30年耐久性のある塗料もあります。しかし20年メンテナンスフリーなんてことはありません。自然環境によってヒビも入るかもしれませんし、瓦がズレる、金属部分が錆びる、木部が痛む等、様々な要因が考えられます。塗料でそのすべてを長時間保護することは現実的には不可能と思います。


3  塗り替えのタイミングについて

そもそもいつ塗り替えればよいのか?

塗りたい時が塗り替え時

です。

予算も高額ですし、いつまで住みたいか等計画的に行う必要もあります。

一般的に10年サイクルと考えられてますが、15年でも十分な場合もあるでしょうし、5年でボロボロなんてこともあります。

こちらも参考にどうぞ





4 コミュニケーション お願いするという気持ちも大事です。

テレビを買うときは、ネットで買う、お近くの店舗にいって愛想の良い店員さんにアドバイスを受けながら買う、メーカーと品番が同じなら結果、届くテレビに差はないと思います。



しかし外壁塗装はそうはいきません。

仮に使用する材料が同じで、工法が同じでも、塗る人によって全く違う仕上がりになるのが外壁塗装です。

職人の上手い・下手もあります。性格もあります。業者の体質もあるでしょう。

また職人さんは気持ちで動くって方も多数います。

人のする作業ですから気持ちよく作業してもらった方が双方にとっていい方向に向かいます。

業者の立場から申し上げると、全く同じように施工しても、大満足だったという方とお叱りを受ける方とおられます。

施主様のニーズも様々です。

それをしっかり業者に伝えないと、後々トラブルの元になります。

そんなの当たり前という内容に施主様と職人とでかけ離れてる場合も多いです。

テレビを買おうとする人がいます。

大学3年生で一人暮らしの人が卒業までのあと1年の間だけ見れればよいので中古のテレビをネットオークションで買う。

4人家族で20畳のリビングに置く大画面のテレビを買う。

自分の部屋に録画機能にたけたテレビを買う。

リビングのレコーダーから寝室のテレビにジャンプリングできるテレビを買う。

テレビの場合は性能や画面の大きさチューナーの数などカタログを見れば自分にあったテレビを見つけることができるかもしれません。

何が欲しいか自分の必要性にあった性能と予算を調べることもできます。

外壁塗装の場合は安くてよい工事をということくらいしかわからない方も多いかと思います。

ただ業者から提案される見積書や診断書をみながらご自宅にあった塗装の種類、工事の進め方などを見つけて、しっかりニーズを伝えしっかりコミュニケーションをとって業者と信頼関係を築くことも大事なポイントかもしれません。


5 一括見積サイトの是非

今外壁塗装、住宅のリフォームをするときに一括見積サイトから業者を紹介してもらうサービスを利用される方が増えてきてます。

私個人的な意見としては決してベストだとは思いません。

一番よいのは、実際に施工する職人さんに直接依頼することが費用の面などを考えればベストだと思います。

しかしながら、外壁塗装をなりわいにしてる私ですら、一からよい職人を探すというのはかなり面倒です。

忙しくなれば知り合いをつたって探せないことはないですが、実際に塗らせてみると満足いかない仕上がりだったということも少なくありません。

私たちなら何度か依頼しながら、力量を見極めながら長いおつきあいができるか判断できますが、一般の施主様は一度ご自宅を塗装すると10年以上もう用はありませんし、失敗したらそれで終わりです。

もしお知り合いに職人さんの知り合いがいてその職人さんが確実に信頼できるのならそれがベストな選択だと
は思います。

そうでない場合は一括見積サイトで簡単に業者を紹介してもらうのもベターな選択といえるでしょう。

その場合の注意点としては

相見積とわかって見積しますので、金額勝負をしてくる業者もいます。予算的にはシビアな戦いになるので予算だけを重視される場合は有効かもしれませんが、手抜き前提の予算を提示してくる業者もいます。

一括見積サイトの多くは優良業者を数社ご紹介とうたってますが、実際に審査などはない場合が多いです。

登録したい業者は基本的に誰でも登録できちゃいます。

そんな中しっかりとした審査をされていてなかなか登録させてもらえないのが失敗しないリフォーム会社選びなら「ホームプロ」です。

他のサイトは電話で担当者とお話しして、FAX一枚流せば翌日からお客様を紹介いただけますし、実際えっこんな感じでいいの?と思うのですがホームプロは審査が厳しくまさしく優良業者しか登録できないサイトです。

個人的にも一定の信頼を期待してよいと思います。

外壁塗装やリフォームをお考えの方で、ご自分で業者選びに自信のない方、業者を探すのが面倒な方は是非一度試してみるのも良いかなと思います。
リフォーム ホームプロ











 

人気ブログランキングに参加してます。 
いつもご協力感謝です(>_<)
↓ポチっとお願いします<m(__)m> 

  にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


マウスコンピューター/G-Tune